「30年の物語」 岸恵子

こんなふうに容姿にも恵まれ、教養豊かで、美しい言葉を操り、なおかつ人を見る鋭いまなざしを持った女性がいるのだということに、なによりも感銘を受けたかもしれない。
岸恵子という人のことを、この本を読むまでわたしはほとんど知らなかった。出演作もひとつも見ていない。しかし、さらりと語られるエピソードの数々はひどく印象的であり、これがすべて現実に起こった出来事であるということが信じられないほどに物語性に満ちている。
よい目と磨きぬかれた感性と、さらには驚嘆すべき表現力が合わさらなければ、こんなふうな文章は書けない。
ひとりの女性の中にそれらがすべて同居しているという奇跡にも似た事実に感謝の念を捧げたい。
[PR]
by agco | 2006-05-31 23:55 | エッセイ
<< 五月の読書補足 「聖女の遺骨求む」 エリス・ピ... >>



あまりに自分の忘却力がすごすぎるので、面白かったものも面白くなかったものも、とりあえず読んだ本の感想を全部記録してみることにしました。コメントなどありましたらご自由にどうぞ。
by agco
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

リンクなど

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧