<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「七王国の玉座 上下」 「王狼たちの戦旗 上下」 ジョージ・R.R. マーティン

文句なしに面白い、エピックファンタジーの超大作。図書館で借りてハードカバーで読んでます。実は今「剣嵐の大地 上」まで読み終えたけど、その先の部分が借りられていてすぐには読めない状態なので、とりあえず2部の最後までのことを書きます。
といっても、ストーリーの詳しいことを書いちゃうとネタバレになりそうなので、極力そのあたりは伏せておきます。

まずこの物語、実に多くの人々の視点から語られており、その分、どこかの陣営に偏ったりはせず、様々な境遇、立場の人間の胸中が垣間見え、重厚にして多層的な構造をしております。単純な勧善懲悪じゃない、そういう混沌としたの大好きです。
読むにつれどんどん語り手がバトンタッチされていくわけですが、この語り手役に抜擢された人物であっても、話の展開によっては容赦なく途中で死にます。誰がこの先どんな運命をたどるのか、まったく先の予想をさせない(といっても、ある程度わかる部分はなくもない)シビアな話の運びはある意味非常に現実味にあふれております。
ものすごい数の登場人物が出てくるので、誰が誰だかわからなくなることもしばしですが、ひとりひとりはきっちり人間的に描かれていると感じます。

あえて誰が一番好きかといえば、ティリオン・ラニスターですかね! だってあの人かわいそうなんだもの…。パパが憎いよ。
それ以外にはアリア、ジョンあたりはかなり高ポイントであり、サンサは最初の頃は好きになれなかったけど、話が進むにつれて段々「いやいや、あれであの子もがんばってるんだよ」と寛大な気持ちで眺められるようになりました。
そして意外なあたりでサンダー・クレイゲン氏あたりが好きかもしれません。あいつ、あんなんだけど、いい奴のにおいがぷんぷんします! いっそサンサとくっついちゃえばいいのにと思うんですが、そうなる前にあの人、サンサを助けて死んじゃいそうな危険な気配もするので油断がなりません。

いつもいつも、いったいこの先どうなっちゃうのという衝撃的な展開で巻が切れるので、途中でやめることができなくなって、必死で先へ先へと読んできましたが、しかし現在刊行されている分を全部読んでも、ゴールまでにはまだまだ遠いのですよね。おお…登場人物が多いだけに、あんまり中断が長いと話を忘れてしまうよ…。
しかし先が楽しみなお話であります。
読んでも読んでも終わらないと思ったら、ハードカバー二冊は文庫にすると5冊分。すなわちこの第二部までで、文庫10冊読みきったことになるのですね。そりゃあなかなか終わらないはずだよ。
近々、とりあえず第三部まではばりっと読破しようと思っております。
[PR]
by agco | 2007-04-18 23:57 | FT・ホラー・幻想

「赤い羊は肉を喰う」 五條瑛

最近読んだ五條の本のなかでは一番まともだった!
でも葉山くんが登場する必要があったのかどうかは謎。名前を出すならもうちょっと活躍させてあげればいいのに。いけすかない上司に会いにいったとかいう妙な情報だけ出されても、そんなちょっぴりのネタで喜ぶのはごく限られた人間だけだと思うんですが。

お友達から借りて読んだ本なのですが、そのお友達の感想にそのまま同意で、特に付け加えることを思いつきません。
大衆心理操作の理論なんかは、悪い方向に使えば悪く、よいことに使えばよいという、ごくありふれた「力」の一種でしかないと思います。
渡辺エスターがなんであそこで流血の惨事を起こそうとしたのか、実はわたしにはよくわかりません。人間は決しておきれいな生き物じゃないんですよということを証明したかったのだとしたら、なんでまたそんなわかりきったことをいちいち証明せねばならんのかと疑問だし、自らの理論の正しさを確認したいだけなら別にもっとほかの方法でもよかったのではないかと思います。
大衆をコントロールするならするで、暴発ではなくもっと有意義なことをやらせればいいじゃない。
そこで悪意の暴発なんかを選択してしまうところが、ばっかだな~と思っちゃうわけです。子供の残酷な遊びと同じレベルですよ。いい歳なんだから成長しなさい。

でもまあそこそこ面白い本でした。全然褒めてるように見えないでしょうが、褒めてます。
でもわたしは日比谷バベルの初日には絶対に行かないタイプのひとりですね。
人ごみ、嫌いなんです。
[PR]
by agco | 2007-04-03 00:12 | ミステリ

「ツチヤ学部長の弁明」 土屋憲二

こう言ってはなんだが、土屋憲二の文春のエッセイ集は読んでも読んでも後に残らない。多分、一度読んだことのある本をもう一度最初から読んでも気づかないのではないか。それくらいに何を読んでも同じっちゃあ同じテイストで書かれている。
しかし面白くないというわけではないのがふしぎなところで、あの文体はかなりくせになる。しかし下手に真似をしようとすると痛い目を見るのでやめておいたほうがいい。

といいつつ本書はいつもの文春のエッセイ集ではなく、土屋憲二が学部長としての立場で発表した文章を主に集めた一冊であり、多少毛色は変わっている。
おお教育についてはなんとまともなことを言っているのだ。まともでないことも言ってるけど。

そして本書の解説には土屋氏を学部長に任命した前学長なる人物の文章が載っているのだが、これはなかなか見ものである。
「ツチヤ風スタイル」を少々取り入れつつも、実に謹厳、実にクールに本書の内容を分析するその手腕は見事。これまで土屋氏の本の解説において、あのツチヤ調に挑んでは討ち死にしてきた人々を見慣れているだけに、さすがは前学長などと偉くなる人間は違うと広く知らしめた(気がする)。

まあそんなわけで、いつも読みなれたものとは違っていた部分が新鮮でした。以上。
[PR]
by agco | 2007-04-02 23:32 | エッセイ

「アフターダーク」 村上春樹

村上春樹を再評価してみよう(勝手に個人的に)企画として読んでみた一冊。
うーん……。悪いとは言わないけど、わたしは「海辺のカフカ」のほうが好き。
確か「海辺のカフカ」の解説に、「海辺のカフカ」は失敗作だが「アフターダーク」は人を救うということに成功しているというようなことが書いてあったのだが、うーん、そうかな。あまり賛同できないかな。
[PR]
by agco | 2007-04-01 23:30 | その他創作



あまりに自分の忘却力がすごすぎるので、面白かったものも面白くなかったものも、とりあえず読んだ本の感想を全部記録してみることにしました。コメントなどありましたらご自由にどうぞ。
by agco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30