カテゴリ:未分類( 15 )

六月の読書

あまりにもまともな活字を読んでいないことに耐え切れなくなり、突然勢いよく本を読みはじめた6月。
まずは人に借りた本から…。一年以上も借りていると良心が痛む。

修道士カドフェルシリーズ
7 「聖域の雀」
8 「悪魔の見習い修道士」
9 「死者の身代金」
感動するほど面白いわけではないが安心して読める。
あいかわらずヒュー・ベリンガーが好きだ。

「西城秀樹のおかげです」 森奈津子
面白くないわけではないがわたしの好みではない。
でもこの方は、趣味に走った特殊な世界を書いていると見せかけて、それに耽溺してはいない気配がある。自らを客観視して面白がっているというか。そういうところはいいかもしれない。

マイルズシリーズ2冊 ロイス・マクマスター・ビジョルド
「親愛なるクローン」
「無限の境界」
そろそろ己のおそろしいほどの忘却力が発揮されつつあり、読みながらこの人誰だっけと思う人が何人もいて困った。でもやっぱり面白い。この勢いでマイルズシリーズをバリバリと片づけたい。

ほかにも何冊か読んだのだが、あまり印象に残っていないので割愛する。
そんなことより一年ほど読書から離れていたら、そのあいだに大好きなあの作家やこの作家の新刊がどかすか出ていて驚愕した。昨日まとめてアマゾンで注文したら大変な額になった。明日届くらしいのだが、今後またしばらく本を読む時間がとれない。がっかりだ。
[PR]
by agco | 2008-07-03 22:56

時間がとまりすぎ

こんばんはアジ子です。元気です。
前の記事が2007年7月って! とまるにも程がありますね。
しかし単に感想を書くのに飽きてとまっていたのではなく、実を言うとほとんど本を読んでいなかったのでした。わたしの人生において画期的なくらいに読書から遠ざかっていた期間でした。
ぼちぼち再開させようと思います。
とりあえず来月くらいから…。
[PR]
by agco | 2008-04-18 00:26

2月の読書補足

また気がつくと一ヶ月くらいが経っていました…。
二月は割と本を読んだほうではないかと思いますが、もう細かな感想を書くのが面倒なのでまとめてゴー。

「海の仙人」 絲山秋子
じわっと肌にしみるお話。飄々とした空気があるものの、よく考えると主人公はけっこう悲惨な目にあっている。でもだからといって彼を不幸と決め付けるのはよろしくない。空気がきれいだった印象。

「薬指の標本」 小川洋子
作者のフェチ魂をがっつり感じた気がした。グッジョブ。

「わが悲しき娼婦たちの思い出」
愛とは幸福とは思い込みのなかにあり。

「屋久島ジュウソウ」 森絵都
一番長い屋久島の記録が一番面白くない。自分が行きたくて行った旅行でないためか、テンションが低すぎる。食べたものの記録はただ列挙するだけだと味気ない。

「些末なおもいで」 埜田杳
「あれ」と呼ばれる奇病で体の部分が次々と飛び去っていく少年と、それを見ていることしかできない不眠症の少年の関係を軸にした青春小説。不眠症の彼の一人称が「わたし」なのに、セリフのなかでは「ぼく」と喋っているので、非常に違和感があった。地の文章でも「ぼく」でいいじゃない。帯などのコピーから想像した内容とは大分違っていた。なにをやりたいのかはわかるんだけど。期待しすぎましたごめんなさい。

「スピリット・リング」 L.M.ビジョルド
なぜだろう、ものすごくかったるい本だった。同内容で分量を30%くらい減らしてくれたらもうすこし爽快に読めたかも。
火の天分を持つフィアメッタが、その運命の恋人(?)トゥールと最初に出会ったときに反感を持つのはかまわない。でもその後これといって気持ちが変化するような大きなできごとはなかったと思うのに、いつのまにかフィアメッタがトゥールを受け入れる気持ちになっていたことが納得できなかった。つまりそのあたりの心理描写が足りていないのだと思う。

「ヴォル・ゲーム」 L.M.ビジョルド
上記と同じ作者の本なのに、うってかわってこちらは面白い。これでもかというどんでんがえしに次ぐどんでんがえし。先の予測をさせない破天荒な展開。マイルズのむちゃくちゃぶりと天才的な機転と悪運の強さは健在。パパもイリヤンも素敵なんだけど、今回グレゴール(皇帝)の株がすごく上がった。このシリーズのほかの本は頑張って読みたい。
[PR]
by agco | 2007-03-07 18:11

12月の読書・補足

ここに書いてなかっただけで、12月にもちびちび本は読んでいたのでした。
主に借り物を、早く返さなきゃという危機感に追われて。
もう時間が経っちゃったので、記録を残すという意味で簡単にメモします。

「生きて死ぬ智慧」文・柳澤桂子 画・堀文子
般若心経を現代語訳にした本であるが、意外にも読むと気持ちが暗くなる。
色即是空 空即是色のあたりはまだいいのだが、最後の部分
 行くものよ 行くものよ
 彼岸に行くものよ
 さとりよ 幸あれ

ここのところがやけに突き放された印象で、ふしぎに寒々しい。
ほんとうは、野の花のように、わたしたちも生きられるのです。と言われても、野の花のように生きたくない人にとっては何の福音にもならないのだった。

「憲法九条を世界遺産に」太田光・中沢新一
結構面白かった。

「遠い朝の本たち」須賀敦子
著者の幼いころからの本にまつわる様々な出来事を語ったエッセイ集であるが、なによりもまず、この人よくそんなことを覚えているなあと変なところで感心をした。
わたしよりもずいぶん年配の方であるので、出てくる本はほとんど知らない。しかしこんなふうに一冊一冊の本に深い思い出が残っているというのは、とてもすてきなことだと思う。うらやましい。
[PR]
by agco | 2007-01-25 23:34

これまでの読書・覚書

失踪していた間に読んだ本を思い出せるだけ書き出してみます。

「外道忍法帖―忍法帖シリーズ〈2〉」 山田風太郎  △ でも天姫さまのキャラクターとそのさりげない感情の機微の描き方は◎

「園芸家12カ月」 カレル・チャペック  ○ 作者のひねくれぶりとイラストのステキさが見事にマッチ

「終末のフール」  伊坂幸太郎  △
「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂幸太郎  ○
「海辺のカフカ」 村上春樹  ◎ びっくりするほど(失礼)面白かった
「風の歌を聴け」 村上春樹  △
「わたしたちが孤児だったころ」 カズオ・イシグロ  ○
「幸福な王子」 オスカー・ワイルド  ◎
「子どもは判ってくれない」 内田樹  ○
「14歳の子を持つ親たちへ」 内田樹  ○と△の間くらい
「必笑小咄のテクニック」 米原万里  △ 著者に余裕がなくて笑えない
「NO.6 #5」 あさのあつこ ○  紫苑はいつ見てもありえないほどおかしい
「地に埋もれて」 あさのあつこ  △ もう大人向けはやめたほうが…

もっと読んでいるはずだけど、とりあえず思い出せないのでここまで。また思い出したら追加します。
[PR]
by agco | 2006-10-30 23:39

「封神演義 上中下」 安能務訳

最近、漫画の方の「封神演義」を読む機会があったので、原作とどれくらい異なっているのかを急に確認したくなって、思い出したように読み返してみました。
わーだいぶ違う。けど、共通しているところもある。
これはこれで、別の作品としてうまく作り上げられている一例だと思いました。

原作の方の本書を最初に読んだのは軽く十年くらい昔のことで、その当時もすごい話だ…と思いましたが、改めて読み直すとダメな人ばっかりが山ほどでてくるある意味ステキな話です。
世界最初のSFではないかと訳者さんが書いてらっしゃいますが、それも大いにうなずける話。本当の最古は神話だよねと思いますが、あれは一応「事実」として伝えられている物語なので、「創作」としての最古はこちらに譲るべきでしょう。

中国人のメンタリティについても思わず真剣に考えさせられてしまう本書。不条理が満載の怪作ですが、わたしは実はすごく好きです。
[PR]
by agco | 2006-02-17 00:11

スタージョン

ぎゃあ!
11月発売の、早川書房「異色作家短編集」シリーズ第二回配本に、シオドア・スタージョンの「一角獣・多角獣」が入るんですって!
……どうせなら文庫で出してくれればよかったのに…とか文句をいわず、大人しく買うことにします…。タイトルはよく聞くのに、読んだことなかったんです「一角獣・多角獣」。
[PR]
by agco | 2005-10-20 23:13

一周年ですよ

おおなんと驚くべきことに、今日でこのブログをはじめて一年です。信じがたい! ぜったい数ヶ月で挫折すると思っていました。
一年かけて投稿した記事の数は182。中には読書の記録ではない記事も少しだけありますが、概ね1記事につき1冊。たまには複数冊をまとめて書いていることもあり、また、実をいうと読んだけど面倒になってここには書いてない本というのもあったり、さらには、漫画は読んでもほとんど書いていません(実は結構読んでいます)。
そういうわけで、わたしの過去一年間の読書量は200冊くらいでしょうか。漫画まで数えるとプラス100くらい(もっと?)。
おお、平均して二日に一冊は読んでいる計算になります。すごいのかすごくないのかよくわからない…。
でもとりあえず、息切れしつつも、ちびちびもう少し続けてみたいと思います。よろしく。
[PR]
by agco | 2005-08-05 22:40

「上陸」 五條瑛

もう一冊つづけて五條瑛。

「金がない」こと以外は特に共通項のない、中年男の金満、若いが前科のある安二、不法滞在パキスタン人のアキムの三人は、まさに金がないことが理由で同居しながら建設現場を渡り歩いている。特別に気が合うというわけでもないが、意外に深刻な揉め事はなく、気がつくとまるで家族のような関係が生まれている。

その彼らは1999年に手を組んでひとつの犯罪を犯した。金のためにしたことで、罪悪感があったというのでもないが、彼らはそろって口をつぐみ、そのことを話さなくなった。その後も彼らの同居はつづき、様々なトラブルに巻き込まれながらもなんとか日々をしのいできたが、あるとき、過去の犯罪に関したひとつの出来事が、彼らの関係を突き崩した。

読みやすく、人の心の機微に通じた作者らしい短編集。過去の犯罪が少し弱い気もするが…でもまあ、よくまとまった話ではある。
[PR]
by agco | 2005-07-18 21:23

Musical Baton

Oh No! 族長の初夏さんからMusical Batonなるものが回ってきてしまいました。
書くけど…書くけど、結構こういうの苦手です。特に音楽ってわたし大抵聞き流しだもの! 選べないもの! といいつつ何か書いてみますが、音楽も本同様に聴いたそばから忘れるタイプなので、なかなか難しかったです。

■Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
 限りなくゼロに近いkb。
 パソコンで音楽を聞きません。以前に平沢進の無料試聴用ファイルを落としてきたことがあるくらい。

■Song playing right now (今聞いている曲)
 「SING A SONG」SINGER SONGER
 アルバム買ったばかりなので。

■The last CD I bought (最後に買ったCD)
 「ばらいろポップ」SINGER SONGER
 こっこちゃんとくるりの人たちがやっているバンドのファーストアルバム。こっこちゃんもくるりも好きだけど、それが一緒になったら一体どういうことになるのかと少し心配していましたが…。なんかわりと、こっこちゃん色が強くて(強すぎて?)ソロだったときとあまり変わらない気がする。大分ポップになってはいるけど。こっこちゃんが楽しそうなのがいい。

■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

「焼け野が原」Cocco
こんなすごい曲を歌ってしまったら、もうやめようと思うのも仕方がないかもなあと思ったCocco最後の曲(といいつつその後もいろいろ歌っている)。

「聖なる海とサンシャイン」The Yellow Monkey
この曲を聴くと目の前に何かの風景が広がる。

「After Image」SOFT BALLET
この頃のソフバは良かったなあ。

「菩提樹」天野月子
天野月子は特にこの曲がというわけではないけど、全体的に好き。

ラフマニノフ ピアノ協奏曲3番or4番(選べない!)
ごくまれにクラシックも聴きます。でもこの曲は誰かの小説に出てきたのがきっかけで聴いたような。しかしどんな出会いであろうと、いいものはいい。

そんな感じで、次なるバトンは…誰に渡していいのか想像もつかないので…
naoさん(月着陸船
kanjinkankyoさん(閑人閑居
yuiga28さん(愚者のつぶやき
林さん
あきこちゃん

あたりの方、もしここを見ていてやる気が起きたらよろしくお願いします(笑)
[PR]
by agco | 2005-06-29 22:41



あまりに自分の忘却力がすごすぎるので、面白かったものも面白くなかったものも、とりあえず読んだ本の感想を全部記録してみることにしました。コメントなどありましたらご自由にどうぞ。
by agco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

以前の記事

リンクなど

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧