「ほっ」と。キャンペーン

六月の読書

あまりにもまともな活字を読んでいないことに耐え切れなくなり、突然勢いよく本を読みはじめた6月。
まずは人に借りた本から…。一年以上も借りていると良心が痛む。

修道士カドフェルシリーズ
7 「聖域の雀」
8 「悪魔の見習い修道士」
9 「死者の身代金」
感動するほど面白いわけではないが安心して読める。
あいかわらずヒュー・ベリンガーが好きだ。

「西城秀樹のおかげです」 森奈津子
面白くないわけではないがわたしの好みではない。
でもこの方は、趣味に走った特殊な世界を書いていると見せかけて、それに耽溺してはいない気配がある。自らを客観視して面白がっているというか。そういうところはいいかもしれない。

マイルズシリーズ2冊 ロイス・マクマスター・ビジョルド
「親愛なるクローン」
「無限の境界」
そろそろ己のおそろしいほどの忘却力が発揮されつつあり、読みながらこの人誰だっけと思う人が何人もいて困った。でもやっぱり面白い。この勢いでマイルズシリーズをバリバリと片づけたい。

ほかにも何冊か読んだのだが、あまり印象に残っていないので割愛する。
そんなことより一年ほど読書から離れていたら、そのあいだに大好きなあの作家やこの作家の新刊がどかすか出ていて驚愕した。昨日まとめてアマゾンで注文したら大変な額になった。明日届くらしいのだが、今後またしばらく本を読む時間がとれない。がっかりだ。
[PR]
by agco | 2008-07-03 22:56
時間がとまりすぎ >>



あまりに自分の忘却力がすごすぎるので、面白かったものも面白くなかったものも、とりあえず読んだ本の感想を全部記録してみることにしました。コメントなどありましたらご自由にどうぞ。
by agco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

以前の記事

リンクなど

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧