「天使」「雲雀」 佐藤亜紀

おおお佐藤亜紀、最高。なんでもっと早くに読んでおかなかったんだバカバカと自分を責めたくなるくらいにツボに入りました。
重厚な世界観、精妙な描写力、それぞれに個性的で魅力的な登場人物たちと、非の打ち所がありません。
「雲雀」は「天使」のその後だったりサイドストーリーだったりを集めた短編集であり、「天使」を読むならこっちもおさえておくことを激しくおすすめします。
[PR]
by agco | 2007-06-03 00:26 | 伝奇・時代・歴史
<< 「鏡の影」 佐藤亜紀 「記憶の書」 ジェフリー・フォード >>



あまりに自分の忘却力がすごすぎるので、面白かったものも面白くなかったものも、とりあえず読んだ本の感想を全部記録してみることにしました。コメントなどありましたらご自由にどうぞ。
by agco
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31